[崩壊恋心]メイキング

色々とひと段落してまいりました。
ここで恒例のメイキング投入。
途中経過たまってんのよ…ふふ(゜∇゜)
私ひたすらゴリゴリ描くだけの手法だからメイキングになってないのだが…
まあ…途中経過晒すのはは趣味です趣味。
どんな手順で完成させてきたか辿るのは面白いと思うのですよ。
描き方忘れても見りゃ思い出せるしね!
私にとってはこれ日記的な何かなんだろうな。

使用画材:PhotoshopCS5
rito1.jpg


ちなみにこの絵のテーマは
「好きなのに分かってもらえないからもどかしい」というやつです。
この少女の名はリト。数年前友人とトーク形式で考えていた話の登場人物。
彼女には元から人格と設定があったのでイラスト描くときにもかなり気持ちが入った。
(女の子キャラに苦手意識がある私ですがこいつはけっこう好きだった…)

彼女は下にある人形の男の子が好きなんです。
でも男の子は好きな研究に没頭するばかりで分かってくれない。
だから書物をビリビリしてる。切り刻んでいる。
本に当たり散らしている。そんなかんじ。

さてさて、それではメイキング突入やで~
シャカシャカo(゜∇゜o)(o゜∇゜)oシャカシャカ
rito2.jpg

その1 構図イメージラフ
ベースになる構図がないと始まらんのでここは線で描いてます。
「見たまんまやないか!」
つっこみはさておき俯瞰で見たリトの体はポーズ集見つつデッサンとってます。
(主に脚とか…)
しかし崩れまくりだな…
でも気にしない。厚塗りで大幅に形修正かけるから…
rito3.jpg

その2 色ラフ
背景をどういう空間にしようか…そして何を置いたものか色々と考え中。
人物は最初の段階で納得いくまで描きこんじゃうので
細部以外途中経過は滅多に無いのだ…
この段階で全体に色を置いちゃいますよ。
そして無駄な線けっこう引いちゃいますよ。
仕上げの段になってこの線が残っててもまあ…テクスチャだ。
rito4.jpg

その3 物ラフ
どこに何を置こうか描いてみる。
後ろに本棚作ろうかな…とかステンドグラス的なきのこランプ置こうかな…
とか決めたところ。うさぎと下の人形も足したよ。
(ぶっちゃけ絵のテーマとか方向性はこのあたりで考えはじめた…)
rito5.jpg

その4 描きこみ1
絵の方向性やら大体何を置くかやら決まってきたので物の形を起こし始める。
(決まってる所ほど詳細に描かれていると言っても過言ではない…)
やはりイメージって大事ね。
rito6.jpg

その5 描きこみ2
*形起こし*
レイヤーモード「通常」のレイヤーで…
主にハード円ブラシを使う。
物の形を起こす時はブラシの不透明度50%~80%を使うことが多い。
透明すぎると時間ロスなだけだからな!!
rito7.jpg

*色味や光の追加*
色味や光は新規レイヤーを作り、
レイヤーモード「オーバーレイ」に設定して足している。
主に彩度の高い色や明度の高い色を選択して…
「ソフト円ブラシ」を使って足していく。
ブラシの不透明度は微妙な調整のしやすい10%~20%を使うことが多い。

ハード円ブラシで形を起こしては
ひたすらオーバーレイ担当のレイヤーで色味を足す。
その繰り返し。
そしていつも通り彩度が高いビカビカした画面になっていく…
ああワンパターン…
rito8.jpg

その6 描きこみ3
曖昧な所に更に手を入れていく。
壁時計に数字入れたりきのこランプのスタンドちゃんと描き始めたり…
あと紙に情報量が足りない気がしたのでボソボソした質感のテクスチャを
レイヤーモード「オーバーレイ」貼りました。
rito1.jpg

その7 仕上げ
細部を更に詰め、色味調整。

光を放ってるところはオーバーレイで更に明るさを足す!
明るい部分も一段階明るめに!
陰影部分には暗めの濃い色を足す!
(大体「ソフト円ブラシ」を使用。)

メリハリをつけてさあ完成。

通常運転だな伝わるのかこれは…(゜∇゜;)

レイヤーも面倒臭くてすぐ統合しちゃうし
ブラシも最初から入ってる丸いやつしか使わないし…
さして使えるテクニックが無いんだよな。
特別注意するところといったら
物が物らしく見えるポイントを抑えつつ
自分が見て心地よい色を選んで使えとしか言いようがないね。

グダり放題ですがまあ…今日はこの辺で。
最後まで見てくれてどうもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント