スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう考えても今年出る新刊の話&吹っ切れた表明

さてさて、
今回は3月のそうさく畑か5月の関西コミティアで
ほぼ確実に出せるであろう新刊の話。
1月末にも卒業制作あるけどまあそれはひとまず
置・い・と・い・て☆(゜∇゜;)


1月に入ってからすごくネームが進みます。
中学校以来の進み具合です。
既に現段階で40ページは堅い代物…もれなく自分で驚いているよ。


1年前の卒業制作…
知っている人は知っている地獄が舞台の鬼漫画。
これ…かれこれ2012年の夏からずっと戦っている。
(主に漫画の経験値不足でずっと形にできず苦戦していたんですね…はは…
2013年の秋にももがいて描いてこのHPのONIYUGIに載せてある…)


で、でだ。
今年になってやっと描きたかったことが実現できそうです。
人って成長するね…わあい(゜∇゜)


1年かかったよ…わあ…い…(゜∇゜;)


1年間考えた結果、主人公ガラッと変えたんだ。
上から目線が基本の俺様男に変えたんだ。
以前は元気で無邪気な女の子が主人公だったんだけど
元気で無邪気な女の子なんて…
私にはどだい無理な話だったんだよ…だって苦手意識があるんだもの…
女の子はかわいく描かなあかん!と思っちゃうから…
なぜ挑戦したのか…わあ……い………(゜∇゜;)


私…「かわいい」という概念がそもそもあまり理解できないのです。
赤ちゃんや動物のかわいいなら普通に分かるのですが…
小物やら服やらを見て周りが「かわいい!」と言っていても
別に心が動かないのです。共感できないのです。
「へえ…ふーん…これがかわいいなのか~なるほど…(゜∇゜)」
こんな反応しかできないのです。
多分、脳みそが男性脳寄りなんだと思います。


そう、感覚的に分からないのに今年以前の私は
まわりがかわいい絵とかキャラを描くから流されてしまっていたんだ。
表面真似ても自分はつまらんだけだし、本当にかわいいのが
好きすぎてたまらん人には勝てるわけない。
でも「かわいい絵とかキャラ描かなきゃいけないのかなー」と…
なぜか思い込んでしまっていたんだ。
pixivとか見ててもそういう絵が多いから…なんか…ね(゜∇゜)
お馬鹿ですね…


本当はかっこいいものが好き。
すぐ銃ぶっぱなしたり、意味無くバイクで疾走したり、
無駄に高いビルの頂上に立って只者じゃない感を漂わせる
ヒーローが好きだったり、背景に謎の満月がある中で戦ったり、
軍服背広は着てるだけでかっこいいから好きだったり…
何だこの羅列…まとまりねえな…(゜∇゜)


とにかく…これからは己の欲望に忠実に描いていくよ。
自分の胸アツかっこいいを描いていこうと思うよ。
なんだかもう吹っ切れた!


というわけで…現在進行形の新刊では
白い背広の俺様が無駄に高いところに立って、戦って、流血して、
部下と相棒ものしたりしながら敵をボコる話をしようとしてます。


タイトルは「鬼遊戯ー亡霊輪舞曲(ロンド)ー」
もう…本に数字はつけないと決意した…(゜∇゜)
サブタイトルをつける方式にすることにした。


ではではお楽しみに~

boureironndonermu.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。