次のイベントでは多分カラー本が出る予感

こんにちは、ご無沙汰してますお久しぶりです。七羊です。

ここ1か月くらいは特にブログに書くこともなく(気分的な問題で)
うだうだしていました。
関西コミティアのお礼をここで書こうかとも思ったのですが、
長ったらしくなってうまくまとまらなかったのでやめました。文章って難しい…

なので、「関西コミティアにお越しくださった方々ありがとうございます、
声をかけてくれて正直テンションハイでした。いや、マジで…」
と言うくらいにとどめておきます。

さてさて…
七羊は次のイベントに向けて色々考え始めています。
いや、うだうだ落書きしてるだけではあるんだけど…
でも何となく今年下半期は何かしらカラーの本が出ると思います。
そしてモノクロの本は出ない気がします。

なぜかというと…鬼遊戯描いていて常々思ったんです。
ずっとCGの厚塗り練習してきたせいか、モノクロ線画って多分まだ苦手意識がある。
というかパソコン使って線描くのが死ぬほど嫌いだって分かったんですね。
何というか…質感がどうしても好きになれない。

この間出した鬼遊戯1は9割がデジタル作画でした。
パソコンで線描いた方がアナログで描くより再現率高かろうと思ってまあ挑戦したのですが、
アナログで描いたところの方がいい感じに印刷出たので不毛だと知りました。
作画だけで2年半もかかったのにね…残念だね…
だから今度からモノクロはアナログ線画に切り替えようと思っています。
アナログの方がつけペンの質感好きな分、きっと楽しくやれる…

(でもそもそも七羊は線画に強くないので
積み上げ期間の長い厚塗りCGに比べると、レスポンスが遅い。
まだ気楽に描けはしない。描けても線画は準備に時間かかるんですね。)

次の鬼遊戯の準備しつつ…
(長々とやってきた鬼遊戯100p超えが一段落したことだし…)
せっかくなら違うことをしたいし…
鬼遊戯ができるまでの繋ぎで気楽に描くなら一番得意な厚塗りカラーの本かな!!
…というわけでカラー本です。

それでここ1か月くらいはカラー本のテーマを考えていた。
以前出したカラー本は一貫性なくて手に取りづらいだろうな~と思ってたので
テーマは絶対いる、とは思っていた。

石?妖精?女の子?
……色々考えてみたけど先にテーマを考えるとすごくつまらなくなった。
そんな本何番煎じだ?そもそも画題コロコロ変える自分には向いてないやんけとなって
決まらずにいた。
それで何描こうかと落書きしながら考えていたわけなんだ…

でも昨日うっすら答えが見つかりました。
ん?待てよ。ビジュアルだけで名前も設定も特に考えてないらくがきの人たちを集めて
いい感じにまとめれば一貫性生まれるんじゃないか?
絵に合わせて設定詰めていけばお話だってできるんじゃないか?

よし、絵、本位の本を作ろう!
こんな感じに思い至りました。
割と自分としては目からウロコな発想…
今までお話考える時は設定や世界観から作っていたのでね…

イラスト本になるかもしれないし、カラー漫画になるのかもしれない…
描けているものが少ないのでまだ何とも言えませんが
下に貼った感じのものをまとめようかな~と思案しています。
気に入ってるらくがきの人たちです。

↓らくがきで気に入ってた三つ編み眼鏡の幼女。
分かりやすくかわいいのはいい…
三つ編みロリ全身

↓褐色白髪、筋肉、白っぽい目が描きたくて描いた人。
全体の色バランスしか考えていないので細部がまだない。名前もまだない。
でもらくがきの人たちを集めていい感じにしたらいいんじゃね?と思わせてくれた可能性の人。
描くの楽しそうな見た目してるのがいい。
褐色白髪
褐色白髪全身

さて…どんなものに仕上がるのかね。
先の完成形が決まってないって楽しい。
仕上がるのが楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術